💕スピリチュアルカウンセラーyurika💕

【スピリチュアルカウンセラーとは】


目に見えない部分を視ることのできる立場として、クライアントさんが気づかない(見えない)心の部分や影響を与えている意識や存在などをお伝えしながら、現実の問題を解決していくことのできるカウンセラーのこと。


【スピリチュアルとは】


日本語で、「精神世界」「霊的な」などさまざまな訳され方をしていますが、

どれも、なかなかしっくりこないという人もいるのではないでしょうか。

私の中では目に見えるものも見えないものも、すべてスピリチュアルです。

スピリチュアルは本来、趣味として楽しむものではなく、

現実に根差した身近なものであると思っています。


スピリチュアルの語源は、

ラテン語の『spiritus』 意味は『魂、勇気、息、呼吸』から『霊や精神』を表すようになり…

(これは古典ギリシャのプネウマ『大いなるものの息の意味』に相当するそうです。)

ラテン語の『spiritus』が英訳されて『spirit』となり、(意味は『心 霊 精神』)

その形容詞が『spiritual』です。(意味は『霊的な』)


ということは!語源からも分かるように、シンプルに説明すると、

息すること(生きることが)スピリチュアルなのです‼


息を引きとってあの世(魂の故郷)へ還れば、またすべてを思い出しスピリチュアルそのものになるので、

スピリチュアルを学ぶ必要はありません。人間として生きている(息している)うちは、

ほとんどすべてを忘れて地球に生まれているので、スピリチュアルを学ぶこと(本来の自分を思い出すこと)

は息することと同じくらい大切なのではないでしょうか。

生きているなら当たり前に息しているように、私にとってスピリチュアルは日常です。

息が上手にできている人はすでにスピリチュアルに生きているので、スピリチュアルを学ぶ必要はないかもしれません。

息が上手にできない人又は呼吸が浅い人はスピリチュアルを学ぶと呼吸が深くなり、生きやすくなります💓

全身で息をして生きていきましょう✨✨

スピリチュアルカウンセラーyurikaについて



スピリチュアルカウンセラー

&美ーガン菓子職人として活動。



中学2年生の時、

自らの目指すところが世界平和だと気付く。

以降、スピリチュアル、宇宙の法則、真理、

心理学、哲学について学びを深め続ける。



2019年最愛のパートナーと結婚。

元小学校教諭。



10年ほど前 宮古島で神秘体験をする。

神秘体験が忘れられず、

教員になる前、

宮古島の学童でボランティアとして働く。


教員時代には、

今まで学んできたことがほとんど活かせないことに

自身の無力さを感じ

いったんスピリチュアルの学びから距離を置く。

教職を離れる少し前に、

スピリチュアルの根っこ(一番大切なところ)

が理解できていなかったことに気づく。

再びスピリチュアルについて、学び始める。


教職を離れた年の4月から

再度、宮古島に渡り、

学童の先生として約1年働く。

子どもたちの給食やお菓子を作る中で

オリジナルレシピが増えていく。

宮古島から帰った後は、カフェで

修業を積みながら、お菓子の試作に励む。


2018年1月23日、美-ガン・グルテンフリー

おやつのお店『おこめのおやつ123』

工房をオープン。

2018年夏、アカシックレコードにアクセス。

自身の使命について問うたところ、

桜吹雪の中「女性支援」

という文字が浮かび上がり、

改めて使命を自覚。


2019年、美ーガン菓子製造に加え、

アカシックリーディングと心理学を通じて女性支援、

世界平和を目的とした活動をスタートさせる。


趣味&特技は、歌うこと、音楽鑑賞、

書道、カメラ、食、フラダンス、

南の島

(宮古島・沖縄・台湾・屋久島・ハワイ島etc)

への旅など。


まだ記事がありません。